Hyper-V を使った Ubuntu Server のインストール

Hyper-Vを使い、仮想マシンに Ubuntu Server をインストールする方法を解説します。この記事では Windows Server 2016 を使用しています。Hyper-V が既にインストールされていることを前提にしています。Hyper-V のインストール方法については、次の記事をご覧ください。

関連記事

Windows Server 2016 に Hyper-V をインストールするには以下の様に操作します。 基本的には画面の指示に従っていくだけでインストールできます。 (1) サーバーマネージャーを起動する。 (2) 「管[…]

仮想スイッチの作成

作成した仮想マシンが外部ネットワークに接続できるように、仮想スイッチを作成します。次のように操作します。

(1) サーバーマネージャーを起動します。

(2) 「ツール」メニューから「Hyper-V マネージャー」を選択します。

Hyper-Vマネージャーを選択する

(3) サーバーを選択して、「操作」の「仮想スイッチマネージャー」をクリックします。

(4) 「新しい仮想ネットワークスイッチ」を選択し、「外部」を選択し、「仮想スイッチの作成」ボタンをクリックします。

外部に接続する新しい仮想ネットワークスイッチを作成する

(5) 名前を任意に変更して、「外部ネットワーク」から接続先のネットワークカードを選択し、「OK」ボタンをクリックします。

仮想スイッチの名前と接続先のネットワークを選択する

インストーライメージのダウンロード

Ubuntu Serverのインストーライメージをダウンロードします。次のサイトから Ubuntu Server の ISOイメージをダウンロードしてください。

Ubuntu Server – for scale out workloads | Ubuntu

仮想マシンの作成

(1) サーバーマネージャーを起動します。

(2) 「ツール」メニューから「Hyper-V マネージャー」を選択します。

(3) サーバーを選択して、「操作」の「新規」から「仮想マシン」を選択します。

(4) ウィザードに従って設定を行います。名前は任意の名前を設定します。

仮想マシンの名前を設定する

(5) 世代を選択します。ここでは64ビットOSを使用するので「第2世代」を選択しました。

仮想マシンの世代から第2世代を選択する

(6) 割り当てるメモリ容量を設定します。動的メモリは、一定時間経過後、起動時に割り当てたメモリの中で空いている領域をシステムに返して、他の仮想マシンが利用できるようにします。良い機能なのですが、上手く動作しないアプリもあるようです。ここではとりあえずオンにしました。問題が起きたら外します。 Ubuntu の動作がどことなくおかしい感じになったので、オフにしました。

仮想マシン起動時に割り当てるメモリを設定する

(7) ネットワークの構成を設定します。先ほど作成した仮想スイッチを選択します。

接続する仮想スイッチを選択する

(8) 仮想ディスクの保存先や容量を設定します。

仮想ディスクの名前と容量を設定する

(9) ブートイメージを指定します。先ほどダウンロードした Ubuntu Server のインストーライメージを指定します。

ブートイメージを指定する

(10) 確認画面が表示されるので、「完了」ボタンをクリックします。

(11) 仮想マシンが作成されます。

作成された仮想マシン

セキュアブートを無効化する

仮想マシンのセキュアブートを無効化しないと、ダウンロードした Ubuntu Server のイメージを使って仮想マシンを起動することができません。無効化するには次のように操作します。

(1) 仮想マシンを選択し、「操作」から「設定」をクリックします。

(2) 「ハードウェア」の「セキュリティ」を選択します。

(3) 「セキュアブートを有効にする」のチェックを外し、「OK」ボタンをクリックします。

セキュアブートを切る

仮想マシンの起動

仮想マシンを起動します。次のように操作します。

(1) 「操作」から「起動」をクリックします。

(2) 「操作」から「接続…」をクリックします。仮想マシンの中に入れます。

(3) 後は画面の指示に従って、インストールを行います。

Ubuntu Serverのインストール開始

最新情報をチェックしよう!