iPhone / iPadのソフトウェアアップデート

iPhoneやiPad にはPCやMacと同様にOSが入っています。iPhoneにはiOS、iPadにはiPadOSというOSが入っていて、時々バージョンアップします。

OSがバージョンアップすると、セキュリティ対策が強化されたり、新しい機能が使えるようになったりします。

今回の記事はiPhone / iPadでのソフトウェアアップデートの手順です。

ソフトウェアアップデートの手順

以下の手順で手動で更新ができます。

[1] 「設定」アプリを開きます。

[2] 「一般」を選択します。

[3] 「ソフトウェア・アップデート」を選択します。

[4] インストールされているOSよりも新しいバージョンがあり、対象機種の場合は、次のような画面が表示されます。バージョンや修正内容などが表示されます。

[5] 「ダウンロードしてインストール」をタップします。

[6] パスコードの入力画面が表示された場合は、パスコードを入力します。

[7] アップデートが始まります。

アップデートの流れ

アップデートは次のような流れで進みます。

(1) サーバーにアップデートを要求

(2) アップデータのダウンロード

(3) ダウンロードしたアップデータのチェック

(4) アップデータのインストール

(1)から(3)までは自動的に進みますので、待っているだけです。メッセージも「アップデートを要求」→「ダウンロード中」→「アップデートを準備中」のように変わっていきます。

(4)が始まるときに、iPhone/iPadのロックが解除されていて、画面を見ているインストールを開始するボタンが表示されます。「今すぐインストール」をタップするとインストールが開始されます。

ロックされていて、画面が消えていると(4)も自動的に開始されます。

バックグラウンドになっているとき

「設定」がバックグラウンドになっているときや、自動的にダウンロードされたときには、インストール確認アラートが表示されます。

「今すぐインストール」をタップすると、アップデータのインストールが始まります。

バージョンの確認方法

インストールされているOSのバージョンを確認するには、次のように操作します。

[1] 「設定」アプリを開きます。

[2] 「一般」を選択します。

[3] 「情報」を選択します。

[4] 「システムバージョン」にインストールされているOSのバージョンが表示されます。

システムバージョンに、iPhoneのiOSのバージョンが表示される
システムバージョンに、iPhoneのiOSのバージョンが表示される
最新情報をチェックしよう!

iPhone/iPadの最新記事8件